民泊に英語力なんて関係ない!?600人の外国人ゲストを受け入れて分かったこと。

この記事は約3分で読めます。

よっしー
よっしー

ども、民泊運営2年生のよっしーです。

先日も話しましたが、オリンピックに向けて空前絶後の民泊ブームですね。都心ではオリンピック開催中一泊ン十万円のぼったくり施設とかも出てきたとか、、(うらやましい)まあ、僕ら地方の地方はあまり関係ないんですけどね。たぶんオリンピック中もそれとは関係ない外国人の方が来られると思います。

改めて一応自己紹介しときます。田舎で民泊2年生なんですが実績は昨年1年間で600人ほどゲストをお招きしました。

民泊歴1年半、2019年を振り返って。
よっしー ども、よっしーこと管理人のよしむらです。 今日から始まる民泊運営ブログですが、、 いきなり今年の振り返りから始まります。すんません、後ほどここにプロフィール書きますね。 というこ...

香港からカナダ、ヨーロッパまで様々。宿泊される方の95%は外国人です。さらにその中で80%はアジアのお客様です。基本的に皆さんとは英語でメッセージのやり取りします。

大事なとこなのでもう一度言います。

よっしー
よっしー

基本的にお客様とは英語でメッセージやり取りします!

どや!?みたいに言い切りましたが、

実は僕の英語力は、、0です。1もありません。ハローの綴りもよくわからないのでコピペします。中学生のころはじめて英語を習うとき、英語の担当の先生がめちゃ嫌いだったので英語も嫌いになりました。なので英語のテストはいつも10点もいきません。英語の時間は外国人のイラストに落書きしてた記憶しかありません。

それでも今では外国人とのメッセージのやり取りは基本僕がしていて。英語です。英語の勉強をしたのではなく、翻訳ソフトの使い方をマスターしました(笑)
マスターと言っても普通のちょいちょいレベルですが。先生はそう!Google先生(キリッ)まあ、民泊運営くらいのレベルだったら翻訳ソフトで十分だと思いますよ。

よく、

海外の人相手に商売できるねー。英語できるんだー

って言われますが。今の時代翻訳ソフトがあるのでどこの国の人とも基本メッセージのやり取りできます。たまに中国語やフランス語などでのメッセージもありますが、返信は間違いを少なくするために英語でしています。※ここの小技は今度話しますね。

あと、あまり僕は宿泊に来られた外国人と積極的には会わないのですが(英語でガンガン来られるとビビってしまうので)あいさつ程度ならボディランゲージ。ちょっと深い話ならスマホの翻訳アプリで十分対応できます。

一度は、フランス人2人、ドイツ人1人、ぼくと四人で我が家の囲炉裏を囲んで日本式かっぽ酒を飲みながら4時間語ったこともあります。

なにを語ったか?覚えてません、、ただ楽しかったとだけは記憶があります。言葉は通じなくても気持ちは通じ合えました。

なので民泊に英語力は関係あるのか?と聞かれたら、、英語力0でも全然楽しくコミュニケーション出来ますよって答えます。それよりもっと大事なのは、人種、国境関係なくおもてなしの心を持てるかのほうが重要ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました