民泊運営で、少人数と団体客だとどっちを優先する?

この記事は約2分で読めます。

よっしー
よっしー

ども、田舎で絶賛民泊運営中のよっしーです。

民泊運営していると、同じく民泊運営をこれから始めたいという人からよくある質問で、「一軒の家を部屋別(個人)に貸したほうがいいのか、それとも一軒丸ごと貸し出して団体を取った方がいいのか」と聞かれることがあります。

答えは「場所によって臨機応変に変えたほうが良い」です。

民泊の設置場所によって運営方法が変わる

場所というのは、宿泊施設がある場所になります。
駅などが近い街中になると歩行者(バックパッカーなど)のお客の方が多いので個別に貸し出したほうが効率よく埋まっていくと思います。逆に車で行かないと行けないような場所にある場合は、団体のお客様を獲得したほうが効率良いです。

「いやいや、効率ではなくお客様の為に運営したい」と思っている方は、前者の少人数タイプを選ぶといいと思います。なぜかというと、その方がいろんな国の人と出会える可能性が高く交流も増えるからです。

実際の民泊運営をしてみると、比較してみた

実は、僕も2つ目の民泊所は最初3部屋に分けて個別で貸し出していました。1部屋1人~3人程度。もちろん最低料金など設定していないので1人1泊2,500円という低価格で。そうするとフランス系のバックパッカーが予約する確率がグッとあがります。結構3部屋とも埋まる確率も上がりました。しかし、一部屋1人のパターンが多く、3部屋泊まっても、合計3人。という感じが続きました。

収益的に考えれば少し難しいです。別途掃除代などいただいてなかったので。また、隣の部屋同士でトラブルがないかいつも気にしていました。

そこで思い切って1軒貸しに変更しました。

しかも1軒、最低料金5,000円~という設定(2人まで宿泊可能)と、掃除料金1回3,000円という金額もプラスしました。1軒の宿泊数は最大8人。すると、1軒平均して4~6人のお客様が宿泊されるようになりました。掃除料金を別途いただくことによって、少しでも多くで泊った方が割安になる計算になるからです。

しかしホスト側は、4人宿泊した場合(2,500円×4人=10,000円)(清掃料金3,000円)合計13,000円です。これまでの客単が2,500円でしたが、清掃代を入れることによって客単価が500円ほどUPしました。さらに隣の客同士のトラブルなどもなくなったので気も楽になります。

田舎は団体客の方が効率がいい

なので、少人数か団体かのどちらかを優先するというわけではないのですが、田舎の方だとファミリー層や友達関係にしぼった団体客にターゲットを絞っていった方がいいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました